★骨盤矯正ベルト★



産後の養生

中国での産後の養生は?

筆者が日本に来てまず驚いたのは、日本の妊婦は産後一週間も
たたないうちに家事や仕事に復帰し体を酷使するにも

かかわらず、そのわりには体をいたわる漢方薬や栄養剤
などを摂るようなことをしないことだ。

中国では、産後は女性が一生のうちで一番大事にして
もらえる時期で、家事はいっさいやらないのが当たり前、
その上、栄養たっぷりの薬膳を嫌と言うほど食べさせられ、

最低でも一ヶ月間、普通は三ヶ月間は「当帰」という生薬の
入った漢方薬を服用する。

産後の女性は外出も控えてただひたすら養生して、体力を
回復させようとするのだ。
さて中国漢方では、体に大変な負担をかける出産、育児は、体のエネルギー源である<気>や<血>を不足させてしまうと考える。

出産を終えた女性の皆さんは、まず体力をつけることに専念し、なるべく体を冷やさないような工夫を心がけ、悪露排出や

子宮の戻りを促し、良質の母乳を作れるように気血を補い、血行を良くするように努めてほしい。

そのためには十分な休養、体を冷やさず、気血を補う食べ物(ナツメ・烏骨鶏・黒米・黒豆など)を積極的に摂取し、さらに女性

の生薬と呼ばれる当帰がタップリと含まれている婦宝当帰膠をぜひ活用してほしい。

当帰ほど産後の体力回復(気血を作る)に役立つ漢方薬は他にはない。

産後の養生をしっかりとやらないと、産後うつ病や
育児ノイローゼ、さらには第二子不妊につながり
かねないからだ。

by「毎日新聞」

           
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/38680180
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
この記事へのトラックバック
           

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。