★骨盤矯正ベルト★



産前 産後 休暇

産前産後休暇制度

法律で決められている産前産後休暇制度とは出産前の6週間と
出産後の8週間の休業を認めている制度です。

産前の6週間の休暇は労働者が請求すれば休業できますし、
産後の8週間の休暇は労働者の請求があろうとなかろうと、法律上原則として就業させてはならないことになっています。

お母さんの身体を保護するための制度です。
 
ただし従業員本人が希望して、医師がその業務に就いても支障がないと認めた場合には、産後の8週間の休暇を短くすることができます。

ただし、この場合でも出産後、母体の保護の為、最低6週間は
仕事に就かせてはならないとされています。

産前・産後の休暇期間とも、会社には給料を支払う義務は
ありませんが、最近は優秀な女性社員に長く働いてもらおうと

休暇期間中も給料を支払う会社も増えてきていますので
お勤めの会社の就業規則(賃金規程)等でご確認ください。


           
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバック
           

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。