★骨盤矯正ベルト★



産後 体型

ボディケア

女性の体が大きく変化する妊娠・出産。
妊娠中って体重制限があるってホント?
産後、体型は戻るの?気になるその真相は…。

女性なら誰しもいつまでも美しくありたいと思うものです。
体型もしかり。

妊娠前なら思いっきり自分のために美を追求できるけど妊娠するとみるみるお腹も大きくなって体重もすごく増えるし、

産後体型は本当に元にもどるのだろうかという素朴な疑問も
あるでしょう。

巷では小さく生んで大きく育てるのが安産でいいとか、
妊娠中の体重は+8kg以下に抑えなければいけないとか
耳にすることもあり、経験しないうちから妊婦って大変なんだなと思ってしまったり、産後もすぐ体型を戻す事がいいと思いこむ傾向にあり何かと我慢のイメージをもっていないでしょうか?

その情報を鵜呑みにするのはちょっと待った!

今回は、妊娠中の体重管理に関する新しい説をご紹介
したいと思います。

◆妊婦ダイエットの危険性

妊娠中の体重制限は1990年頃から広く認識されてきました。

病院や産院で体重制限が厳しくなったのはここ10年くらいの事なんです。

その間出産した方で、体重の増えやすい体質だった妊婦さんにとってはとにかく体重制限でつらい思いをしたという方も少なくないかもしれません。

しかし悲しいことにその常識とも思われていた
体重増加+6〜8kgがベストということがここ数年で大きく
覆されました。

それは、妊娠前・妊娠中の女性の食生活が胎児に及ぼす影響は
大きく妊娠中のダイエットなどで母体の栄養状態が悪くなり、

栄養不足のため低体重(出生体重2500g以下をいいます)で
生まれてきた赤ちゃんは胎児のうちから病気を発症してしまい、

将来的に高血圧や心臓病、糖尿病などの成人病を発症する
リスクが高いということがわかってきたからです。

これは「成人病胎児期発症説」とよばれ、英国サウザンプトン大学医学部のデイヴィッド・パーカー教授が提唱している説で最近話題になっています。

胎児期に栄養不足だと血糖値が下がりすぎてしまって、胎児が一時的に飢えを経験するので血液中の栄養素が足りなくなります。

そうすると少しの栄養をたくさんストックしておこうという体質が胎児のうちからできあがって生まれてくるのです。

ですから、今では小さく生んで大きく育てることは肥満体質を作る事にもなりむしろ危険な考え方とされているのです。

更に出生時体重が大きい程、生涯通して最も健康を保てることがわかってきました

そういったことから最近では私たちアジア人は妊娠中の体重は
8〜12kg増えるのが平均ということが認識されつつあります。

そもそも体重は増えない方がおかしいんです。

臨月のころには赤ちゃんだけで3kg、羊水500cc、胎盤が600g、最終的には1.5kg増えるという血液+子宮筋で2kgくらいにはなるし、胸も2カップくらいアップして両方で1kgくらい大きくなります。

それからどうしても必要な皮下脂肪の貯蔵。
そう考えたら5〜6kgしか増えない事の方が科学的に無理があります。

あくまでも太るのではなく、スタミナストッカーとしての脂肪を蓄積しているのです。

妊娠中はただ、お腹の中に赤ちゃんがくっついているのではなく母体全身で育てるための自動育成装置みたいなのが働いている状態。

そうしてみれば、それはその人のベストな体重といえます。

ただし元々が肥満体質という方は+8kgくらいにおさえて、逆に痩せすぎの方は8〜12kgくらいは増やそうという方向でいいでしょう。

オランダなどは今でも多い時で妊婦の2/3が自宅出産する国ですが、8kg未満しか体重が増えなかったらハイリスク群にカウントされて自宅出産できないんです。

◆妊婦はおおらかなもの

妊婦の体重増加は太っているのではなく赤ちゃんに良質の血液を送って3kgで人生を出発出来るサイズまで、母体が無意識に栄養を与えて育てているということ。

ゆったりとした気持ちで過ごせるようにエストロゲンという女性の代表的なホルモンが脂肪と卵巣から分泌されるのです。

子供がかわいい、守りたいと思う気持ち、育てるという心は、個性でそう思うのではなく女性ホルモンが分泌されるからそう思うようになるのです。

ある程度脂肪を貯蓄していないと、ゆったりとした気持ちにもなりにくいんですね。

守りたい、包みたい、ゆるしたい、というほんわかと柔らかい気持ちになるというのもエストロゲンの作用なのでしょう。

妊娠中にある程度、脂肪を貯蓄することはスタミナをつけるという事で、産後の育児に影響してきます。

妊娠中、体重にすごく気をつけて産後すぐ戻すことがいいと思いこむ事は心のスタミナ不足になります。

産後、赤ちゃんが泣いていても「どうした?抱っこかなー?」というよりも「もう!なんで泣いてるの!」みたいになりかねません。

おっとり、ゆっくりできるように産後半年間は戻らなくて普通!

2kgくらいはアップしている方が育児のためにはちょうど
いいんです。

産後太ってしまって戻ってない人が周囲にいるとしたら、恐らく母乳をあげていないのでは?

母乳をあげることによって絶対に体重は減るから大丈夫。
一回授乳するとかるくお茶碗一杯くらいはお腹がすきます。

母乳をあげたら痩せる人もいるくらい。母乳をあげると
どんどん痩せるので、妊娠中に増やしておかないとガリガリになってスタミナのないママって結構いるんです。

髪の毛も抜けやすくなったり、肌もかさかさになったりしてしまいます。

妊娠すると自然にホルモンが分泌され艶々になるから35歳以上の妊婦さんなんかは嬉しかったりします(笑)。

いずれにしろ見た目の美容のことだけ考えて無理をして体に
栄養を送らない事は体に毒なので注意しましょう。

◆ウォーキングの習慣をつけましょう

食べ過ぎたなと思ったら、食事の量を減らすのではなくよく動くことです。妊婦がウォーキングするのはすごくすすめられていますが、簡単にいうと出産にむけて骨盤ができてくるから。

妊娠14週から骨盤を柔らかくするリラキシンというホルモンがでてきて歩けば歩く程、ちゃんとお腹を支えるためのお産に必要な骨格と筋肉ができてきます。

働く妊婦さんの方で通勤はしっかりスニーカーを履いて、一駅、二駅くらい歩く人はたくさんいます。

不思議なことに、最初は30分でくたくたでも続けていれば1時間以上も楽に歩けるようになります。

血液は心臓がポンプなので心拍が上がると全身に血液を巡らせるポンプが活発に動くようになり、血行もよくなり、新陳代謝もよくなります。

歩き続けて30分くらいを1日2セットすると、かなり体力もついてくるし体調もよくなります。

つわりの時期を除いて20週くらいからスタートするといいですね。15分以上歩き続けないと燃焼は始まらないので1時間だらだら買い物しならがら歩くのはだめですよ(笑)

また、床に落ちているものをとる時は、膝を曲げて腰を落として体ごと持ち上がってくるように気をつけると骨盤底の筋肉のトレーニングにもなります。

ぞうきんがけなどもおすすめ。

初めての妊婦さんにとって、この前まで常識だったことが急に常識でなくなるという事で戸惑うこともあると思います。

しかしあふれる情報に右往左往するのではなく、赤ちゃんを育む自分の体の自然な力を信じて、バランスの良い食事を心がけて、何よりおおらかな気持ちで過ごすことがいちばんです。

by「All About」

           
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバック
           

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。