★骨盤矯正ベルト★



産後 うつ

産後のうつ状態

今の現代社会では時間の流れ、情報の多さ、対人関係の希薄さなど多くの環境変化についていく事ができず、社会人でも15人に一人はうつ病になるという時代です。

日本では出産後、10人にひとりが産後うつになるといわれて
います。

産後うつと聞いただけで、すごい精神病のように思ったり、
恐れたりするかもしれませんが、妊娠・出産期は、

ホルモンのバランスが急激に変化して、体調を崩しやすい
時期です。

環境の変化によるストレスが生じやすく、抑うつ状態を
引き起こしやすくなります。

「マタニティ・ブルーズ」とよばれる出産後の軽症うつは1週間程度で自然に消滅します。

産後2週間から数ヶ月に発症する産後うつは、不安、イライラ、不眠、おっくう、自責感、罪悪感などの症状でホルモンバランスの影響に加えて、対人的サポートの少なさに起因することが多いようです。

共働きカップルの場合、夫が家事・育児のサポートをどれくらい有効にしてくれているのかということも大きな要因になります。

しかし、核家族で育ち、自分のこどもが生まれるまで赤ちゃんをさわったこともない夫には、当然、スキルや知識はありません。

妻の妊娠中から、両親の母親からや育児書などで知識を得て、
夫婦の関係を見つめ直すとか、夫が産後の妻をどのような形で

サポートできるかなど、夫婦で一緒に話し合い、2人三脚で
二人の大事な赤ちゃんの育児をやっていきたいですね。

           
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/38560027
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
この記事へのトラックバック
           

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。